【2015】夏の甲子園 東東京大会の日程と注目高校

今回の記事では、2015年の東東京大会の日程と注目高校をご紹介します。

特に東東京大会では、昨年の夏に甲子園初出場を果たした優勝候補の二松学舎大付に注目したいところです。

第97回東東京大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月20日
第97回東東京大会:7月4日~7月27日

大会使用球場:神宮球場など
昨夏参加校数:137校

東東京大会は、世田谷区・杉並区・練馬区を除く20区と、伊豆諸島・小笠原諸島に所在する高校が出場します。

過去の成績

第96回高校野球選手権大会(東東京大会)

優勝:二松学舎大付
準優勝:帝京
ベスト4:成立学園・関東一
ベスト8:小山台・雪谷・東京・東亜学園

2014年秋季東京都大会

優勝:東海大菅生
準優勝:二松学舎大付
ベスト4:法政大高・関東一
ベスト8:雪谷・篠崎・帝京・早稲田実

2015年春季東京都大会

優勝:日大三
準優勝:佼成学園
ベスト4:関東一・東海大菅生
ベスト8:帝京・早稲田実・江戸川・二松学舎大付

【2015】東東京大会の注目高校

まず、年々実力をつけている二松学舎大付は一番の注目高校となるでしょう。
昨年は甲子園初出場を果たしましたし、その経験値や自信は実践で現れてくるでしょう。

次に関東一。ドラフトで注目のオコエ瑠偉選手をはじめ、身体能力の高い選手が揃っている。

そして実力のある帝京は自慢の長打力が絡めば確実に上位に入ってくるでしょう。

その他にも、箱崎雪谷堀越なども注目高校でしょう。