【2015】夏の甲子園 三重県大会の日程と注目高校

今回の記事では2015年の三重県大会の日程と注目高校をご紹介します。

三重県大会では、三重いなべ総合が夏の大会で本命と言われています。

第97回三重県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月26日
第97回三重県大会:7月10日~7月26日

大会使用球場:霞ヶ浦球場など
昨夏参加校数:62校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(三重県大会)

優勝:三重
準優勝:菰野
ベスト4:いなべ総合・稲生
ベスト8:松阪・海星・四日市工・近大高専

2014年秋季三重県大会

優勝:いなべ総合
準優勝:海星
ベスト4:津西・津商
ベスト8:相可・菰野・鈴鹿・四日市工

2015年春季三重県大会

優勝:いなべ総合
準優勝:津商
ベスト4:松阪商・三重
ベスト8:近大高専・菰野・皇學館・宇治山田商

[ad#co-1]

【2015】三重県大会の注目高校

まず夏の大本命と言われているいなべ総合は、投打の安定感が抜群で、
秋季三重県大会と春季三重県大会の実績と実力そのままに優勝を目指します。

また、昨夏の甲子園大会準優勝の三重は秋季と春季ともに敗れてはいるものの、選手の実力は高く、今大会でも上位に上がってくるでしょう。

春季三重県大会で準優勝を果たした津商は投打のバランスが整っており、着実に実力を上げてきました。今年は甲子園初出場なるか!というところです。

菰野は投手陣では山田投手と永田投手、打撃では横井選手など注目度の高い選手が揃っている。近年甲子園に遠ざかっているチームだけあって今年こそはという思いは強い。

その他にも、海星近大高専津西松阪商なども注目校として名前があがる。

有力校はやはりいなべ総合三重津商あたりでしょうか。