【2015】夏の甲子園 山梨県大会の日程と注目高校

今回の記事では2015年の山梨県大会の日程と注目高校をご紹介します。

山梨県大会で圧倒的な力を誇るのは東海大甲府で、今年も優勝候補の最有力となるでしょう。

第97回山梨県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月25日
第97回山梨県大会:7月11日から7月26日まで

大会使用球場:県営山日YBSなど
昨夏参加校数:37校

過去の成績

第96回高校野球選手権大会(山梨県大会)

優勝:東海大甲府
準優勝:日本航空
ベスト4:山梨学院大付・日川
ベスト8:甲府商・帝京三・日大明誠・甲府工

2014年秋季山梨県大会

優勝:東海大甲府
準優勝:甲府商
ベスト4:日本航空・甲府工
ベスト8:甲府城西・甲府西・帝京三・吉田

2015年春季山梨県大会

優勝:東海大甲府
準優勝:甲府工
ベスト4:帝京三・日本航空
ベスト8:甲府一・都留・甲府商・甲府城西

[ad#co-1]

【2015】山梨県大会の注目高校

3大会で優勝を飾った東海大甲府は圧倒的な打力とエースの右腕である菊池大輝投手とリリーフの松葉行人投手を中心とした投手陣で今大会でも優勝を狙います。山梨県では最も優勝に近いチームと言えるでしょう。

春季大会で準優勝の甲府工は粘り強いチームとして上位を目指しますが、投手陣次第で優勝も狙えるでしょう。

秋と春の大会でベスト4を飾った日本航空は総合的に見てもバランスの整っているチームである。昨年の夏の悔しさから、今年の夏への思いは強いでしょう。

秋季大会で準優勝した甲府商は、持ち味の打線が上手く機能すれば、今大会でも上位または優勝は見えてきます。課題である投手陣の仕上がりがカギを握るが・・。

帝京三は、秋と春はベスト8という結果でしたが、歴史あるチームとして今年こそは甲子園初出場を目指します。山梨学院大付は、昨年の春に甲子園に出場したものの、今年の夏は状態次第となるでしょう。

その他にも甲府城西吉田甲府西富士学苑など、注目高校が揃います。

やはり甲子園に最も近い高校は東海大甲府でしょう。他チームに比べて一歩抜けている存在ですね。

それに続くのは甲府工日本航空でしょうか。

注目高校は、甲府商帝京三山梨学院大付が上位校として名前が挙がってくるでしょうね。