【2015】夏の甲子園 鳥取県大会大会の日程と注目高校

今回の記事では2015年の鳥取県大会の日程と注目高校をご紹介します。

第97回鳥取県大会の日程について

組み合わせ抽選会:7月1日
第97回鳥取県大会:7月11日~7月25日

大会使用球場:コカ・コーラウエストスポーツパーク野球場
昨夏参加校数:24校

過去の成績

第96回高校野球選手権大会(鳥取県大会)

優勝:八頭
準優勝:鳥取城北
ベスト4:米子東・鳥取商
ベスト8:米子西・鳥取中央育英・倉吉東・米子北

2014年秋季鳥取県大会

優勝:境
準優勝:米子西
ベスト4:米子北・米子東
ベスト8:米子工・鳥取湖陵・八頭・鳥取中央育英

2015年春季鳥取県大会

優勝:鳥取商
準優勝:米子西
ベスト4:米子北・境
ベスト8:岩美・鳥取工・米子高専・倉吉総合産

[ad#co-1]

【2015】鳥取県大会の注目高校

秋季大会、春季大会で準優勝をおさめた米子西はこれまで安定感のある投手陣と、徹底した守りの野球で初優勝を目指します。これまでの実績で得た経験は夏へ活きることでしょう。

春に甲子園出場を果たした米子北はMAX143キロのストレートを誇る右腕、高橋晟一朗投手を中心に投打ともに安定していると言えるでしょう。米子西に続く本命として甲子園を狙います。

春季大会で優勝を果たした鳥取商は、投手力の高さが売りのチームです。
春季大会では決勝で延長戦15回を戦ったり、引き分け再試合を制したりと粘り勝つ野球が光った。夏も勢いそのままに上位を目指します。

は秋季大会で優勝し、春はベスト4に入るなど着実に実績をつけている。
チームのバランスは非常に整っているので夏も上位を狙えるでしょう。

鳥取城北はなんといっても脅威のスイングスピードを誇る布袋翔太外野手に注目したい。打撃力は他校も恐れるチームとなるでしょう。

米子東は昨年夏の主力が残っており、実績や経験のあるチームとなっている。
力はあるチームなので、今大会は面白い存在となるでしょう。

その他に、恵まれた体格の川上遥投手を擁する鳥取西鳥取中央育英八頭などの名前が挙がる。

その中では、やはり米子西米子北あたりが有力校でしょう。

そして鳥取商も面白い存在ですね。

鳥取城北、米子東、鳥取西なども上位を追います。

とにかく鳥取県大会は混戦が予想されますので上位予想チームは、正直難しい予想となりました。