【2015】夏の甲子園 奈良県大会の日程と注目高校

今回の記事では、奈良県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

第97回奈良県大会の日程について

組み合わせ抽選会:7月1日
第97回奈良県大会:7月11日~7月26日

大会使用球場:佐藤薬品スタジアム
昨夏参加校数:42校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(奈良県大会)

優勝:智弁学園
準優勝:天理
ベスト4:大和広陵・畝傍
ベスト8:法隆寺国際・登美ヶ丘・奈良大付・御所実

2014年秋季奈良県大会

優勝:天理
準優勝:奈良大付
ベスト4:智弁学園・奈良北
ベスト8:奈良・郡山・橿原・御所実

2015年春季奈良県大会

優勝:高田商
準優勝:橿原学院
ベスト4:天理・御所実
ベスト8:桜井・奈良北・一条・奈良女子大付

[ad#co-1]

【2015】奈良県大会の注目高校

まず、優勝候補筆頭の天理は強力な打線が光ります。強烈なスイングを誇る坂口漠弥選手や打撃センス抜群の貞光広登選手、俊足を誇る船曳海選手などプロ注目の選手が揃っている。打撃では間違いなく奈良でも1位2位を争うでしょう。

奈良大付は、選抜大会初出場という実績と投手陣の充実が魅力です。
MAX142キロを誇る坂口大誠投手、身体能力の高い池田陵太選手など、こちらも力のある選手が揃う。

昨年夏の代表校である智弁学園は強打を誇る廣岡大志選手を中心に今年の夏も優勝を狙う。特に秋と春の大会で悔しい思いをした分、夏への思いは高い。

高田商は春の大会で優勝を飾り、今勢いのあるチームです。夏へ向けて面白い存在となるでしょう。奈良北は秋の大会でベスト4、春の大会はベスト8と実績を作っている。智弁学園を破ったという経験は大きいものである。

その他注目校は、春準優勝の橿原学院、春ベスト4の御所実、伝統校の郡山奈良関西中央畝傍五條など、今年も注目校が揃う。

夏優勝の最有力候補は、天理奈良大付智弁学園の順になるでしょう。

上記三校を追う注目校は高田商奈良北橿原学院でしょう。

奈良大会では、強打が売りの高校が上位を争うことになるでしょう。