【2015】夏の甲子園 茨城県大会の日程と注目高校

今回の記事では、茨城県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

優勝候補として一番に名前が挙がるのは伝統校であり甲子園常連校の常総学院でしょう。

第97回茨城県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月19日
第97回茨城県大会:7月4日~7月23日

大会使用球場:水戸市民球場など
昨夏参加校数:100校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(茨城県大会)

優勝:藤代
準優勝:霞ヶ浦
ベスト4:常総学院・取手松陽
ベスト8:つくば秀英・石岡一・土浦湖北・牛久

2014年秋季茨城県大会

優勝:常総学院
準優勝:明秀日立
ベスト4:土浦湖北・石岡一
ベスト8:藤代・水城・霞ヶ浦・江戸崎総合

2015年春季茨城県大会

優勝:常総学院
準優勝:明秀日立
ベスト4:石岡一・守谷
ベスト8:鹿島・多賀・水城・つくば国際

【2015】茨城県大会の注目高校

茨城県で優勝候補筆頭なのは常総学院です。秋季大会と春季大会で優勝を飾った実績と経験は大きな力となります。投打の能力の高さもそうですが、甲子園常連校ということで、戦い方を熟知しています。今年の夏も確実に上位争いの中心に入ってくるでしょう。

明秀日立は秋季大会、春季大会ともに準優勝でした。どちらも常総学院に敗れての準優勝だったため、夏へ打倒常総学院という思いは強いでしょう。投手陣の安定や打撃陣が上手に機能すれば、優勝は見えてくると考えます。

霞ヶ浦は明秀日立に次ぐ強豪校です。自慢の投手陣を中心に、今年こそは甲子園出場を目指します。
秋と春でベスト4を果たした石岡一は上位争うに絡むものの、春も惜しい試合で悔しい思いをしてきました。悔しさをバネに今年の夏も上位争いを繰り広げるでしょう。

土浦湖北は、186センチという長身から投げ下ろす左腕の大関友久投手に注目が集まる。強豪校でありながら、春は調子が出ずに1回戦敗退に終わってしまいました。春の悔しさから、夏はどういった戦いになるのか、楽しみです。

水城は投打の能力が高く、投打上手に機能すれば、上位争いも見えてきます。秋と春にベスト8という実績でしたが、上位を狙えるチームだと考えます。

その他にも、守谷や昨夏に優勝した藤代取手松陽つくば国際江戸崎総合などが注目校として挙げられますね。取手松陽はプロ注目のスラッガー西連地悠貴選手にも注目したいです。

まとめ

優勝候補はやはり甲子園常連校の常総学院、そして明秀日立霞ヶ浦も楽しみな存在です。

また、石岡一土浦湖北水城にも上位争いに注目したいですね。