【2015】夏の甲子園 静岡県大会の日程と注目高校

今回の記事では、静岡県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

静岡県大会では、静岡、日大三島、東海大翔洋の三校が優勝候補として名前が挙がるでしょう。中でも静岡は最も優勝に近い存在だと言えます。

第97回静岡県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月27日
第97回静岡県大会:7月11日~7月28日

大会使用球場:草薙球場など
昨夏参加校数:113校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(静岡県大会)

優勝:静岡
準優勝:掛川西
ベスト4:日大三島・常葉橘
ベスト8:東海大翔洋・島田商・浜松工・掛川東

2014年秋季静岡県大会

優勝:静岡
準優勝:浜松修学舎
ベスト4:日大三島・常葉菊川
ベスト8:駿河総合・磐田東・藤枝明誠・袋井

2015年春季静岡県大会

優勝:静岡
準優勝:東海大翔洋
ベスト4:藤枝明誠・浜松商
ベスト8:静清・常葉橘・駿河総合・浜名

[ad#co-1]

【2015】静岡県大会の注目高校

静岡県大会で一番の優勝候補に挙がるのは静岡でしょう。秋季大会と春季大会で優勝、選抜大会出場へ出場するなど実績十分なチームです。特に三拍子揃ったプロ注目の内山竣選手、打撃が売りで強肩の堀内謙伍選手、パンチ力のあるスラッガー安本竜二選手など、他校を圧倒する注目選手が揃っているのも魅力です。

静岡を追うのは日大三島です。注目すべきはMAX148キロの本格派右腕小澤怜史投手です。彼の活躍次第では今年の夏は間違いなく上位争いに食い込んでくるでしょう。

次に名前が挙がるのは春季大会で準優勝した東海大翔洋です。こちらも魅力的な投手が揃い、特に190cmの長身から投げ下ろす杉山賢佑投手に注目したい。

総合力で注目したい高校は常葉菊川常葉橘です。両校は投打のバランスと戦力が充実しており、特に秋季大会ベスト4の常葉菊川は上位に入ってくるでしょう。

藤枝明誠浜松修学舎は、投手陣が安定しており、今大会でも投手陣の調子次第では面白い戦いになると予想します。

その他にも春季大会ベスト4の浜松商掛川西清水東飛龍静岡商駿河総合など、注目すべき高校が揃う。

まとめ

第一に優勝候補として名前が挙がるのは静岡でしょう。
静岡を追うのは日大三島東海大翔洋と続く。

また、注目したいのは総合力の常葉菊川常葉橘、投手陣が安定している藤枝明誠浜松修学舎、さらに春季大会ベスト4の浜松商にも注目したいです。