【2015年】プロ野球 江川卓のセ・パ順位予想

さて、2015年のプロ野球のシーズンも始まって盛り上がっていますね!

今回は、プロ野球の順位予想として江川卓氏の予想を見ながら今年のプロ野球を考えていきましょう。

江川卓氏のセ・パ順位予想

夜のスポーツニュースの「Going Sports & News」でおなじみ江川卓氏の解説は他とは違った目線なので驚きます。

早速順位予想をご紹介しますね。

セ・リーグの順位予想

1位:ヤクルト(昨季6位)
2位:阪神(昨季2位)か広島(昨季3位)
3位:DeNA(昨季5位)
4位:?
5位:巨人(昨季1位)
6位:?(中日・昨季4位)

このように予想されています。

注目したいのが2位予想が阪神タイガース広島カープの二つだということ。

そして4位予想と6位予想を空白にしていたことです。
6位に関しては順位的に中日ドラゴンズになるわけですが、答えが出ないというのが本音だそうです。

一番に予想していたのがDeNA
やはり昨年巨人で成績を残したロペスが加入したことで打線に厚みがでたことが大きいですね。
さらに年間を通して4番を打たせるという新キャプテン筒香選手も大きな存在である。

4番筒香5番ロペスとかなり怖い打線となるでしょう。

投手陣のポイントはメジャーを経験したこともあるベテラン岡島投手の加入で層も増しているという。

そして意外にもヤクルトを1位と予想。
昨年の成績を見るとチーム打率がトップだが、投手陣の防御率は悪い。
これに関しては、昨年の故障組が戻ってくるので、投手力は改善できるという。

なるほど、もともと打線はトップクラスで今年は投手陣もケガしている3人が帰ってくるので優勝に近いというわけですね。ある意味納得できますね。

そしてなんといっても巨人の5位予想には驚きました。

やはり阿倍の1塁転向と、正捕手小林の存在によって打撃が落ちるらしい。
やはり若手の成長とバランスにあるというわけですね。

個人的には今年新キャプテンである坂本選手を中心に、ベテランの高橋由伸や井端といった選手の活躍にも注目したい。

あと、大田泰示やアンダーソンも早く戻ってきてほしいと思う。

そして2位と3位に阪神広島を予想した江川。

ほぼ互角だという両者は現時点では阪神が少し上みたい。
投打のバランスは阪神がトップクラスで、広島は黒田の加入がどう影響してくるのか、という部分にかかっているという。

ちなみに江川さん、6位は予想していません。
中日に関しては、しばらく若手に時間をかけて成長させている段階だという。
そういう意味では順位を予想する段階ではないみたい・・。

では次にパ・リーグへいきましょう!

[ad#co-1]

パ・リーグの順位予想

1位:オリックス(昨季2位)
2位:ソフトバンク(昨季1位)
3位:ロッテ(昨季4位)
4位:日本ハム(昨季3位)
5位:西武(昨季5位)
6位:楽天(昨季6位)

1位は真っ先にオリックスを予想した江川。
何よりも投手力を評価。
そして防御率1位とチーム打率2位というバランスも加えてダントツの1位と予想していましたね!

2位はソフトバンク、3位はロッテ

2位のソフトバンクに関しては納得でしょう。
バランスを見るとロッテもそろそろ3位に浮上してくるという。

4位の日本ハムも非常にバランスの良いチームで、大谷が投手として20勝すると上位に踏み込んでくる。

西武もやはり波に乗るかで順位が変動してくる。

最後に6位の楽天です。

楽天に関してはエース則本が勝ち星を積み重ねることができれば可能性はあるという。

まとめ

江川さんの順位予想、筆者的にはすごく好き。(笑)

ある意味リアリティがあるというか、シーズンの経過と昨年の成績を見ながら上手に予想されているなというところでしょうか。

とにかくどのチームも混戦でバランスの良いチームが多いのは間違いないと思う。

個人的には読売ジャイアンツはもうちょっと上位に入ってくると思いますけどね^^;