【2015】夏の甲子園 和歌山県大会の日程と注目高校

今回の記事では、和歌山県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

和歌山県では、甲子園の名門校である智弁和歌山が中心となるでしょう。

第97回和歌山県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月20日
第97回和歌山県大会:7月9日~7月23日

大会使用球場:紀三井寺野球場
昨夏参加校数:39校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(和歌山県大会)

優勝:市和歌山
準優勝:智弁和歌山
ベスト4:和歌山商・紀央館
ベスト8:向陽・田辺・伊都・箕島

2014年秋季和歌山県大会

優勝:箕島
準優勝:和歌山東
ベスト4:日高中津・初芝橋本
ベスト8:高野山・智弁和歌山・桐蔭・近大新宮

2015年春季和歌山県大会

優勝:智弁和歌山
準優勝:日高中津
ベスト4:紀北工・田辺
ベスト8:初芝橋本・箕島・紀央館・熊野

[ad#co-1]

【2015】和歌山県大会の注目高校

和歌山県大会で注目したいのは甲子園常連校である智弁和歌山です。左の強打者山本龍河選手やパンチ力のある打撃が売りの春野航輝選手など長距離砲が揃っており、さらに投手陣の戦力も厚い。春季大会で優勝を果たし、その勢いで今年こそ夏優勝を目指します。

優勝候補2番手に挙がるのは日高中津です。特に今年は戦力が充実しており、秋季大会ではベスト4、春季大会では準優勝と着実に実力を上げてきている。打倒智弁和歌山として、上位争いに入ってくるでしょう。

箕島は秋季大会で優勝を果たし、チームとして着実にレベルアップしている。投手陣が魅力のチームなので、投手の調子次第では確実に上位へ上がってくるでしょう。

初芝橋本は秋ではベスト4、春にベスト8を飾り、着実に実績をつけてきた。
特に高校通算80本塁打を誇る右の長距離砲、黒瀬健太選手に注目したい。

和歌山東は秋季大会で準優勝を飾り、投打ともに安定感のある戦いをしている。
投手では津森宥紀投手、そして打線が上手に機能すれば甲子園出場も見えてきます。

その他にも、21世紀枠で甲子園出場の桐蔭紀北工、春ベスト4の田辺市和歌山近大新宮紀央など、注目したい高校が揃っている。

まとめ

やはり優勝候補に挙がるのは智弁和歌山日高中津の2校でしょう。

それを追う、箕島初芝橋本和歌山東などにも注目したい。

智弁和歌山は特に近年、優勝を逃しているだけに今年の夏にかける思いは非常に強いでしょう。