【2015】夏の甲子園 南北海道大会の日程と注目高校

今回の記事では、南北海道大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

第97回南北海道大会の日程について

組み合わせ抽選会:7月10日
第97回南北海道大会:7月19日~7月25日

大会使用球場:札幌円山球場など
昨夏参加校数:122校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(南北海道大会)

優勝:東海大四
準優勝:小樽潮陵
ベスト4:札幌日大・浦河
ベスト8:駒大苫小牧・札幌第一・恵庭南・札幌創成

2014年秋季北海道大会

優勝:東海大四[南] 準優勝:北海[南] ベスト4:札幌日大[南]・駒大苫小[南] ベスト8:白樺学園[北]・北照[南]・滝川西[北]・北見工[北]

各支部の代表校はこちら

札幌支部:札幌日大・北海・札幌第一・東海大四
小樽支部:北照
函館支部:函館工・函館大有斗
室蘭支部:駒大苫小牧・北海道栄

2015年春季北海道大会

優勝:北海[南] 準優勝:駒大苫小牧[南] ベスト4:北照[南]・白樺学園[北] ベスト8:釧路湖陵[北]・札幌日大[南]・旭川西[北]・札幌第一[南]

各支部の代表校はこちら

札幌支部:札幌日大・札幌第一・北海・東海大四・札幌大谷
小樽支部:北照
函館支部:函館工
室蘭支部:駒大苫小牧

[ad#co-1]

【2015】南北海道大会の注目高校

まず、南北海道大会では4つの支部で構成されており、札幌支部小樽支部函館支部室蘭支部の支部毎にブロック予選を勝ち抜いた15校が本戦の南北海道大会へ出場します。

では各支部ごとに注目校を見ていきましょう。

札幌支部

札幌支部で注目したいのは東海大四です。春の選抜大会準優勝校であり、注目すべきは選手層の厚さです。技巧派エースの大澤志意也投手をはじめ、打撃で注目される邵広基選手など楽しみな選手が揃っている。

2番目に注目したい高校は北海です。春季全道大会で優勝した実績と、こちらも選手の層がかなり厚いです。エース渡辺幹理投手を中心に夏の甲子園を目指します。

札幌大谷は、ガッチリした体系が印象的な投打で引っ張る岡本凜典選手、140キロを超える直球を投げる大友亜蘭投手など注目選手が揃う。

札幌日大も好投手の山本龍之介投手に注目したい。180センチを超える体格と140キロ台のストレートで好投を見せる。

その他にも札幌第一札幌新川札幌光星札幌静修の名前が挙がる。

小樽支部

小樽で注目校なのは、北照や昨年の夏準優勝の小樽潮陵双葉などでしょうか。

函館支部

函館支部では、実績十分の函館工や秋季全道大会に出場した函館大有斗函館大柏稜などが挙げられます。

室蘭支部

室蘭支部では実力校である駒大苫小牧が有力候補として名前が挙がります。
打撃が売りの安田大将選手やキレのある球を投げ込む伊藤大海選手など、注目選手が揃っています。春季全道大会でも準優勝を飾るなど今年も上位争いの中心になるでしょう。

その他にも苫小牧中央苫小牧東、秋季全道大会に出場した北海道栄浦河など、実績のある高校が並ぶ。

まとめ

優勝候補筆頭は、札幌支部の東海大四駒大苫小牧の2校でしょう。
北海も上位に入ってくるでしょうね。

支部予選が絡むので正直予想は難しいのですが、上記の3校は最も優勝に近いのかなと考えます。甲子園常連校がはやり名を連ねますね。