【2015年】プロ野球 稲葉篤紀のセ・パ順位予想

プロ野球が開幕してからいろんな解説者が順位予想を行っています。

当たる方っているんでしょうか。
まあ順位予想は恒例なので当たり外れではなく、予想して楽しむといった感じでしょう。(笑)

今回は、稲葉篤紀氏による順位予想を見ていきましょう!

稲葉篤紀のセ・パ順位予想

今年から元ソフトバンクホークスの工藤監督を引き継いで報道ステーションのスポーツキャスターに就任した稲葉篤紀氏。

果たしてどういった目線で予想したのか・・。

早速見ていきましょう!

セ・リーグの順位予想

1位:巨人(昨季1位)
2位:広島(昨季3位)
3位:阪神(昨季2位)
4位:ヤクルト(昨季6位)
5位:中日(昨季4位)
6位:DeNA(昨季5位)

予想した順位を見たところ、正当派な予想といったところでしょうか。

まず、1位を巨人と予想したことについて、やはり優勝経験者が多いことや打線の軸を考えていました。

阿倍のファーストコンバート、巨人の正捕手となる小林をカバーする相川の存在。
若い選手とベテランと一緒になって引っ張っていく野球ができると考えている。

2位、3位の広島ヤクルトについては、やはり昨年の実績と投打のバランスを見て、間違いなく優勝争いに加わるとのこと。

もちろん黒田の加入も大きく、観客動員数で昨年を大きく上回るので、周りの選手のモチベーションも上がることでしょう。

下位に関しては、ずば抜けている選手が出てくる必要があるという。
やはり下位チームの浮上は個々の能力で変わるそうです。

その中でもDeNAの筒香選手が化けると上位浮上も見えてくる。

続いてパリーグの順位予想です。

[ad#co-1]

パ・リーグの順位予想

1位:オリックス(昨季2位)
2位:ソフトバンク(昨季1位)
3位:日本ハム(昨季3位)
4位:ロッテ(昨季4位)
5位:西武(昨季5位)
6位:楽天(昨季6位)

やはりこちらも昨年の実績を見て予想されています。

1位予想のオリックスに関しては、やはり補強による打力アップと森脇監督の考える緻密な野球がどうバランスよくかみ合うかがポイント。

2位のソフトバンクに関しては、球場が狭くなったことを説明。
ホームラン数が増えることと、松坂投手の加入で投手力が上がるとのことでした。

優勝するためには怪我で離脱している細川捕手の代役を努める鶴岡捕手のリードがカギをにぎる。

やはり全体的な予想では、昨年のAクラスの実績を見ての正当派な意見が多かったように思う。

面白いのは3位の日本ハム

活躍してほしい大谷翔平をはじめ、古巣へ戻った田中賢介選手の存在が大きな存在になる。

まとめ

稲葉氏の予想は王道だった。
優勝するための実績や経験のあるチームを上位に挙げ、我々も「まあ、そうだろうな」と思うような順位予想でしたね。

変化球の一切ない適切な予想でした!