【2015】夏の甲子園 岩手県大会の日程と注目高校

今回は、岩手県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

岩手県大会で中心となるのは花巻東と一関学院の2校だと予想します。

第97回岩手県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月23日
第97回岩手県大会:7月10日~7月23日

大会使用球場:岩手県営球場など
昨夏参加校数:71校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(岩手県大会)

優勝:盛岡大付
準優勝:花巻東
ベスト4:盛岡三・専大北上
ベスト8:盛岡四・一関工・水沢・久慈東

2014年秋季岩手県大会

優勝:花巻東
準優勝:一関学院
ベスト4:宮古商・盛岡四
ベスト8:釜石・盛岡大付・水沢・一関工

2015年春季岩手県大会

優勝:一関学院
準優勝:花巻東
ベスト4:盛岡大付・水沢
ベスト8:久慈・盛岡三・専大北上・花巻農

[ad#co-1]

【2015】岩手県大会の注目高校

岩手県大会でまず優勝候補に挙がるのは花巻東です。
昨年の秋の大会では優勝を飾り、春季大会では準優勝と経験や実績も大きい。
当然選手の層も厚く、投手ではドラフト候補であるMAX146キロを誇る高橋樹也投手に注目したい。打者では191センチと恵まれた体格の強打者佐藤唯斗選手や、右の長距離砲の千葉耕太選手など能力の高い選手が揃っています。今年こそはと、甲子園への思いも強いです。

2番目に候補なのは一関学院です。秋と春の大会では強豪花巻東と1位を争い、力を見せつけました。夏の大会でも花巻東と争うことが予想されるのでかなり見物でしょう。特に強肩強打を誇る高橋柊也捕手に注目したい。

盛岡大付は昨夏に優勝を飾っており、実力のあるチームです。ドラフト候補の遊撃手遠藤真選手の打撃にも注目したい。投打が上手く機能すれば優勝も見えてきます。昨夏優勝した盛岡三は、高校通算25本以上を誇る小原和樹選手に注目したい。

その他にも、秋の大会ベスト4の盛岡四や春の大会ベスト4の水沢、ミヒニャック晏治英投手、吉田開選手など個性的な選手が揃う専大北上宮古商一関工久慈など注目校が揃う。

まとめ

岩手県大会では花巻東一関学院の2校に注目したい。上位争いに盛岡大付が絡めばさらに面白くなりそうですね。

それを追うのは盛岡三や、盛岡四専大北上など、注目すべき高校が並ぶ。

上位2強は経験や実力のある高校なので今年の夏の岩手県大会でも要注目ですね。