【2015】夏の甲子園 秋田県大会の日程と注目高校

今回は、秋田県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

秋田県大会では、大曲工や能代松陽、秋田南などが有力校として挙がりますが、今年も混戦になりそうです。

第97回秋田県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月26日
第97回秋田県大会:7月11日~7月22日

大会使用球場:こまちスタジアムなど
昨夏参加校数:50校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(秋田県大会)

優勝:角館
準優勝:能代松陽
ベスト4:由利工・大曲工
ベスト8:秋田南・湯沢・西目・大曲農

2014年秋季秋田県大会

優勝:大曲工
準優勝:能代松陽
ベスト4:西目・秋田商
ベスト8:秋田中央・大館国際・横手城南・秋田南

2015年春季秋田県大会

優勝:秋田南
準優勝:秋田
ベスト4:秋田商・角館
ベスト8:大曲工・秋田修英・秋田中央・能代松陽

[ad#co-1]

【2015】秋田県大会の注目高校

秋田県大会で1番に優勝候補に挙がるのは大曲工です。秋季大会優勝や東北大会準優勝という実績もあり、能力の高い選手が揃っています。大会の度に成長を見せる山崎泰雅投手の存在と抜群のコントロールが武器の武田龍成投手の2枚看板は非常に強みです。自慢の投手陣で夏も優勝を目指します。

春季大会で優勝を飾った秋田南は自慢の打線が光ります。投打共に上手く機能すれば夏の優勝、いわゆる甲子園出場も見えてきます。

能代松陽は秋季大会で準優勝を飾り、非常にバランスの取れたチームです。決勝でも大曲工に対し互角の戦いを繰り広げるなど着実に力をつけています。春はベスト8でしたが、その悔しさから夏への思いは強いでしょう。

秋田商は秋・春にベスト4と安定した戦いを見せている。ただ、最近では投手陣が打ち込まれることが多く、本領発揮できていません。投手陣の仕上がり次第で上位への道は決まりそうな予感がします。

その他にも昨夏に優勝を飾った角館や春季大会で準優勝した秋田、秋季大会3位の実力を誇る西目明桜秋田中央、チーム力のある大館国際などの注目校が揃う。

まとめ

正直秋田県大会では混戦が予想されるので順位予想は難しい。

その中でも有力候補として名前が挙がるのは大曲工秋田南能代松陽秋田商あたりでしょうか。

それを追うのは角館西目明桜等の名前が並びます。