【2015年】プロ野球 赤星憲広のセ・パ順位予想

プロ野球が開幕して数日経ちましたが、少しずつチーム状況が見えてきています。

当ブログでは先日に引き続きプロ野球の順位予想シリーズをお伝えしています。

今回は赤星憲広氏による順位予想をご紹介!

赤星憲広のセ・パ順位予想

「Going!」のレギュラーを務める赤星氏による順位予想です。

果たしてどんな予想をしたのか?

早速見ていきましょう!

セ・リーグの順位予想

1位:阪神(昨季2位)
2位:巨人(昨季1位)
3位:ヤクルト(昨季6位)
4位:広島(昨季3位)
5位:DeNA(昨季5位)
6位:中日(昨季4位)

赤星氏が予想したのはこんな感じ。

古巣である阪神を1位にあげた。

理由はやはり投手陣が6人揃っていること、そして岩崎、岩本、石崎といった若手選手のオープン戦防御率が0点代ということに着目している。

とにかく投手陣が打たれなければ勝てるという分析だ。

そしてジャイアンツが2位。

江川氏の予想が5位だったことについて、まずまだ戦力が揃っていないことを話した。
しかし長野選手の復帰が大きな戦力になり、彼がいるといないとではチーム内でも大きな存在になるという。

優勝争いに必ず入ってくるという。

そして広島とDeNAがBクラス。

これは意外な予想でした。

今年は主砲のエルドレッドがケガの影響で4番がいない状態である。
代わりの4番が活躍すれば問題ないが、現状は4位だという。

赤星氏の予想はどちらかというと、チーム状況(離脱選手)を考えての予想だった。
怪我で離脱することはチームにとってどれだけ影響があるのか、長野選手の復帰も含めて語っていた。

また、捕手次第で優勝争いが決まることも語っている。

では次にパリーグの予想です。

[ad#co-1]

パ・リーグの順位予想

1位:オリックス(昨季2位)
2位:ソフトバンク(昨季1位)
3位:西武(昨季5位)
4位:日本ハム(昨季3位)
5位:ロッテ(昨季4位)
6位:楽天(昨季6位)

っといっても、パリーグはサラッと予想していました。(笑)

やはりオリックスは今季も強いかと。
ソフトバンクもバランスの良いチームということで優勝争いに絡んでくる。

3位予想の西武はやはりおかわり中村選手の復帰が大きいという。
彼がホームランキングを取れるようなことがあれば間違いなく上位になってくるという。

セリーグに時間を割いてパリーグは流す・・といった感じでした。(笑)
(時間がなかったのかな?)

まとめ

赤星氏の予想は変化球のない正当派な意見だった。

選手一人一人の能力や、離脱選手の影響を考えながらの予想は納得のいくような予想だったと思う。