【2015】夏の甲子園 徳島県大会の日程と注目高校

今回は、徳島県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

徳島県で注目は甲子園常連校の鳴門です。
鳴門を追う川島城南などにも注目したいですね。

第97回徳島県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月29日
第97回徳島県大会:7月11日~7月26日

大会使用球場:オロナミンC球場
昨夏参加校数:31校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(徳島県大会)

優勝:鳴門
準優勝:鳴門渦潮
ベスト4:池田・生光学園
ベスト8:城東・阿南工・富岡西・新野

2014年秋季徳島県大会

優勝:城南
準優勝:川島
ベスト4:鳴門・海部
ベスト8:穴吹・阿波・小松島・生光学園

2015年春季徳島県大会

優勝:徳島商
準優勝:城北
ベスト4:鳴門渦潮・生光学園
ベスト8:城南・阿南工・川島・鳴門

[ad#co-1]

【2015】徳島県大会の注目高校

徳島県で優勝候補なのは甲子園常連校である鳴門です。これまでに大会3連覇を果たしており、実績十分の高校である。投手陣では中山晶量選手、河野竜生投手の好投手を中心に安定した戦いを見せることでしょう。

秋季四国地区大会へ出場した川島は秋季大会準優勝、春季大会ではベスト8を果たし、実績や経験を積んできました。特に走攻守揃っている大堀雄平選手の存在は大きいでしょう。

城南も秋季四国地区大会へ出場しており、秋季大会優勝を飾っている強豪校です。
秋の大会で乱れた課題の守備力を修正して夏を迎えることでしょう。

徳島商は春季大会優勝を飾っており、夏もその勢いに乗れば優勝候補として名前が挙がります。注目は1番の俊足の平野善常選手です。

春季大会ベスト8の阿南工は、本格派右腕である片山雅斗投手を中心に上位を目指します。秋季大会で4位を飾った海部は、少ない部員ながらもチーム力が高く、十分上位を狙える位置にいます。秋季大会ででは、鳴門を追い詰めただけに面白い戦いを繰り広げるでしょう。

その他にも、春ベスト4の鳴門渦潮生光学園、春季大会準優勝の城北穴吹池田など注目校が並ぶ。

まとめ

徳島県大会で優勝候補に挙がるのは鳴門川島城南の3校でしょう。

それを追うのは、徳島商阿南工海部鳴門渦潮あたりでしょうか。

上位3校以外は混戦になりそうな予感もしますが、鳴門が今大会でも最も優勝に近い存在となるでしょう。