【2015】夏の甲子園 沖縄県大会の日程と注目高校

今回の記事では、沖縄県大会の日程と注目高校をご紹介していきます。

沖縄県大会では実力校が揃っており、中でも九州大会ベスト4入りの糸満や中部商、興南といった高校が上位を争うでしょう。

第97回沖縄県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月9日

第97回沖縄県大会:6月20日~7月19日

大会使用球場:沖縄セルラースタジアム那覇など
昨夏参加校数:61校

過去の大会成績

第96回高校野球選手権大会(沖縄県大会)

優勝:沖縄尚学
準優勝:糸満
ベスト4:浦添商・宜野座
ベスト8:嘉手納・読谷・知念・美里工

2014年秋季沖縄県大会

優勝:中部商
準優勝:糸満
ベスト4:首里・美里工
ベスト8:名護・具志川・八重山商工・宜野座

2015年春季沖縄県大会

優勝:興南
準優勝:宮古
ベスト4:沖縄尚学・豊見城
ベスト8:中部商・石川・美里工・小禄

[ad#co-1]

【2015】沖縄県大会の注目高校

沖縄大会で優勝候補に名前が挙がるのは糸満です。選抜大会出場という実績や春の甲子園出場の経験など、攻守ともに実力の高い高校だと言えます。投手では、182センチの長身から投げ下ろす大城龍生投手や金城乃亜投手、野手では主将でショートの池間誉人選手など選手の層も高いです。大城龍生投手は打撃も非常に良いので相手チームからすれば脅威となるでしょう。

続いては秋季大会で優勝を果たした中部商です。注目選手はマエケイこと前田敬太投手です。183センチと恵まれた体格から146キロの威力を誇る直球が武器で、ドラフト候補でもあります。エース次第では優勝も十分狙えるでしょう。

春季大会で優勝を飾った興南は、実力校として今年の夏こそは甲子園を目指します。
沖縄尚学は昨夏に甲子園を経験しており、甲子園メンバーも揃っています。夏への仕上がり次第では優勝も十分狙えるでしょう。

その他にも、実力のある美里工や春季大会準優勝の宮古、春の大会ベスト4入りの豊見城、投手陣が魅力の首里八重山商工などといった高校が揃っています。

さらに注目すべきは内間敦也投手擁するコザ嘉手納浦添商宮古総合実なども楽しみな存在である。

まとめ

優勝候補筆頭に挙がるのは、糸満中部商興南の3校でしょう。

上位予想に挙がる3校を追うのは沖縄尚学美里工宮古あたりでしょうか。

やはり経験や実績のある糸満が最も優勝に近い存在だと言えるでしょう。