【2015年】プロ野球 山﨑武司のセ・パ順位予想

連続してお届けしているプロ野球の解説者による順位予想。

今回は山﨑武司氏による順位予想を見ながら解説していきましょう!

山﨑武司のセ・パ順位予想

S1でもスポーツキャスターを務める山﨑武司氏は現役時代にセリーグ、パリーグの両リーグを経験したスラッガー。

解説陣の中でも現役に近い男が、どう予想するのでしょうか。

ではいきましょう!

セ・リーグの順位予想

1位:巨人(昨季1位)
2位:阪神(昨季2位)
3位:広島(昨季3位)
4位:ヤクルト(昨季6位)
5位:中日(昨季4位)
6位:DeNA(昨季5位)

このような予想結果でした!

1位の巨人に関して、戦力ダウンしているがやはり実績と他チームの戦力もそれほどアップしているようには見えないので1位と予想。

阪神はやはりメジャー流出も考えられた鳥谷選手の残留が大きな戦力。
投手陣もしっかりと柱がいて、外国人もしっかりとチームに残っている。
戦力的には首位でも間違いないという。

広島に関しては、主砲エルドレッドがいないのと、バリントンとキラの退団が穴となり、戦力ダウンはさけられなくなった。
しかしながら、選手個々の能力や黒田の加入により、安定感はある。

上位3チームは大混戦になるという。

下位3チームに関しては、ヤクルトはAクラス浮上は十分ある。

中日は昨年同様上積みが見られないですし、昨年と同じ顔ぶれということであまり変動なし。

DeNAは波に乗れば怖いが、連敗のあるチームなのでこのような予想になった。

戦力の分析で言うと、やはり昨年活躍した選手が残留するか退団するかで大きく違ってくると考えている。

阪神に関しては鳥谷選手の残留、広島はバリントンとキラの退団がどうチームに響くかである。なので、下位チームのAクラスも可能性は十分あると僕自身も考える。

では続いてパリーグの予想です。

[ad#co-1]

パ・リーグの順位予想

1位:ソフトバンク(昨季1位)
2位:オリックス(昨季2位)
3位:日本ハム(昨季3位)
4位:西武(昨季5位)
5位:楽天(昨季6位)
6位:ロッテ(昨季4位)

やはり別の解説者の予想と比べてみても、ソフトバンクホークスを首位だと予想する解説陣が多いですね。

個々の能力も非常に高いですし、毎年優勝争いを行うので経験値も高いのがポイントでしょう。

オリックスに関しては、最後に失速するケースが多いので、2位と予想。

僕個人の意見としては、補強した選手がどう働くのかがポイントになってくると思いますし、投手陣も毎年優秀な成績を残す選手は他球団から研究されますので、その辺をどう対応するかがカギを握ると思う。

なんだかんだで、絶対的エース金子投手がそれだけ勝ち星をあげられるか、彼次第かもしれない。

下位予想の3球団も個々の選手の能力は高い。

日本ハムは大谷投手が15勝以上すればチームは楽になるし、打撃でも本塁打を量産できれば自然とチームは上位に上がると考える。

西武の菊池雄星投手が復帰して安定して10勝以上できれば状況も変わる。

楽天は、やはり松井投手の抑えが吉と出るか・・という感じ。

ロッテは涌井投手が安定して勝てるようになればチームも浮上すると考えますし、1番の萩野選手が一年間しっかりと1番バッターとしてチームを引っ張ることができれば上位に浮上することも考える。

ムードを一気に変えることができる1番萩野は相手にとって脅威になると山崎氏も語っている。

まとめ

山崎氏の順位予想は、わりと個々の選手の能力を見ながら・・といった感じでした。

目の付けどころが面白いのは、ロッテ1番萩野をポイントにあげたところでしょうかね。

山崎氏は今年も野球中継の解説をされると思いますので、その辺の発言もチェックしながら、今後も記事にしていこうと思います。