【2015】全国高校野球選手権南北海道大会 支部予選の組み合わせトーナメントと日程

第97回全国高校野球選手権大会の南北海道大会支部予選の組み合わせトーナメントが決定しています。

今回は、全国高校野球選手権南北海道大会の各支部、札幌支部・函館支部・小樽支部・室蘭支部の組み合わせトーナメントと日程・概要についてご紹介します。

南北海道大会の組み合わせトーナメントと概要

南北海道大会は、各支部ごとの組み合わせトーナメントになります。

札幌支部予選

札幌支部の日程は6月28日〜7月6日の間で行われ、そのうち代表校が7校選ばれます。

使用球場:麻生球場・札幌円山球場・野幌球場

函館支部予選

函館支部の日程は6月20日〜7月27日の間で行われ、そのうち代表校が3校選ばれます。

使用球場:函館オーシャンスタジアム

小樽支部予選

小樽支部の日程は6月30日〜7月4日の間で行われ、そのうち代表校が2校選ばれます。

使用球場:蘭越町総合運動公園野球場

室蘭支部予選

室蘭支部の日程は6月29日〜7月5日の間で行われ、そのうち代表校が3校選ばれます。

使用球場:苫小牧市緑ヶ丘球場

[ad#co-1]

南北海道大会の優勝候補や注目校

当サイトが予想している優勝候補を2校挙げます。

東海大四駒大苫小牧

まず、東海大四は、選手層が非常に厚く、優勝候補本命だと言えるでしょう。

駒大苫小牧も、投打ともに注目選手が揃っており、優勝を狙える力は十分あります。

その他にも北海函館工北照など、各支部ごとに注目校が揃っていますが、混戦模様が予想できますね。

その他、南北海道大会の注目校については下記をご覧下さい。
夏の甲子園 南北海道大会の日程と注目高校

南北海道大会では東海大四駒大苫小牧の2校が最有力だと言えます。

尚、予選を勝ち抜いた15校が7月19日から始まる全国高校野球選手権南北海道大会へ出場します。

第97回全国高校野球選手権大会の概要と都道府県別注目校はこちら↓