【2015年】プロ野球 里崎智也のセ・パ順位予想

シリーズでお送りしているプロ野球順位予想。

解説陣の順位予想を見ながら僕の考えや各解説陣の考えを紐解いていくのですが、今回は現役引退をしたばかりの里崎智也氏による順位予想を見ていきましょう!

里崎智也のセ・パ順位予想

昨シーズン限りで引退した里崎智也氏ですが、現在は野球解説やラジオのパーソナリティとして活躍している。

野球解説者としては最も現役に近いということで、どのような予想をしたのか。

セ・リーグの順位予想

1位:広島(昨季3位)
2位:巨人(昨季1位)
3位:阪神(昨季2位)
4位:ヤクルト(昨季6位)
5位:中日(昨季4位)
6位:DeNA(昨季5位)

意外にも里崎氏は1位に広島と予想。

巨人はAクラスには入るが不安要素があるという。
それは阿部のファーストコンバート、そして正捕手候補筆頭の小林捕手とそれを支える相川捕手に不安要素を指摘。

阿部はこれまでキャッチャーのリード面だけでなく、ゲームマネジメントをしながら状況判断共々行っていた。

しかしまだ小林捕手には難しい。
相川捕手に関しても天下のスター軍団が揃う巨人軍でのプレッシャーも大きい。
ヤクルトとは違う環境のもとプレーすることになるので、能力をどれだけ発揮できるかどうか、である。

広島に関しては、投手陣の前田、黒田、大瀬良の3本柱で安定感がある。
野手陣は菊池と丸のセンターラインが整っており、非常にバランスが取れているチーム。

3位には阪神
鳥谷の残留が大きい。もしメジャー移籍していたら、ヤクルトと入れ替えていたという。

とにかく、バランスの整っているチームを上位に予想している。

4位はヤクルト
山田、雄平等の若手野手が目立った打線だが、ショートの大引でますます隙がなくなったという。

5位の中日はやはり主力の高齢化がかなり不安だという。
やはりショートが固まっていないことも気がかりである。

DeNAは最下位予想。
投手陣はまだまだ整備されたとは言えない状況で厳しい戦いになるという。

里崎氏の予想を見ると、やはり捕手目線の独特な見解だった。

巨人の不安要素が捕手だということや、広島のセンターラインの安定感など、他の解説者にはない回答が新鮮だ。

その他にも選手の実績や成績だけではなく、移籍後の環境や心理的状況も要素として考えている。

[ad#co-1]

パ・リーグの順位予想

1位:ソフトバンク(昨季1位)
2位:オリックス(昨季2位)
3位:ロッテ(昨季4位)
4位:西武(昨季5位)
5位:日本ハム(昨季3位)
6位:楽天(昨季6位)

まず、1位にはソフトバンク、2位にはオリックス
両者は確実に優勝争いに絡んでくるという。

気になるのがオリックスの大型補強。
メジャーから帰ってくる中島選手らがいるが、大きなプレッシャーを背負ってプレーする。なので危険性も一理あると考えている。

そのことを踏まえると、やはりソフトバンクが一枚上だという。

3位以下の予想は難しいと考えている。
まず、所属していたロッテを3位と予想。

2005年、2010年と5年ごとに日本一になっていることを話し、今期はそのゴールデンイヤーだという。
また、レギュラーキャッチャーのことも指摘。果たしてだれが努めるのだろうか。

4位に西武を予想。
本塁打を量産するメヒアと中村のクリーンアップは脅威となる。

5位には日本ハム
なんといっても稲葉や大引、小谷野の穴は大きいと語る。

最下位には楽天
やはり投手陣は他球団に比べて弱い。
優勝争いする戦力は正直整っておらず、厳しいと回答している。

まとめ

里崎氏の順位予想は比較的現役に近いの目線だったと考える。

不安要素をピックアップし、消去法的に考えたという予想は果たして的中するのか。

シーズンはすでに始まっているが、各球団ともに課題はある。
今後も順位は大きく変動するでしょう。