【2015】全国高校野球選手権大分県大会の組み合わせトーナメントと日程

第97回全国高校野球選手権大会の地方予選大会の組み合わせトーナメントが決定しています。

今回は、全国高校野球選手権大分県大会の組み合わせと日程・概要についてご紹介します。

大分県大会の概要について

大分県大会は、7月8日~7月25日で行われます。
参加校は46チームです。

使用球場は下記の通りです。

別大興産スタジアム

大分県大会のシード校

第1シード

明豊(初戦は12日14:30〜。楊志館、日田の勝者と対戦)
杵築(初戦は15日12:00〜。佐伯豊南・鶴岡・新豊南、玖珠美山の勝者と対戦)

第2シード

大分工(初戦は14日9:30〜。三重総合、竹田の勝者と対戦)
大分商(初戦は16日14:30〜。由布、別府青山・翔青の勝者と対戦)

第3シード

情報科学(初戦は13日12:00〜。高田、臼杵の勝者と対戦)
柳ヶ浦(初戦は14日14:30〜。藤蔭、大分西の勝者と対戦)
鶴崎工(初戦は16日9:30〜。日本文理大付、大分国際情報の勝者と対戦)
佐伯鶴城(初戦は17日12:00〜。別府商、大分南と対戦)

[ad#co-1]

大分県大会の優勝候補や注目校

当サイトが予想している優勝候補を左から順番に挙げますね。

明豊大分工大分商

まず、明豊は秋季大会優勝など、実績も十分あるので一番に候補にピックアップしました。

大分工は、総合力の高いチームですし、非常にバランスの取れたチームなので2番手候補に挙げました。

大分商も好投手を中心に上位へ食い込んでくるでしょう。

さらに杵築柳ヶ浦にも注目したいところです。

その他、大分県大会の注目校については下記をご覧下さい。
夏の甲子園 大分県大会の日程と注目高校

第97回全国高校野球選手権大会の概要と都道府県別注目校はこちら↓