【2015】全国高校野球選手権西東京大会の組み合わせトーナメントと日程

第97回全国高校野球選手権大会の地方予選大会の組み合わせトーナメントが決定しています。

今回は、全国高校野球選手権西東京大会の組み合わせと日程・概要についてご紹介します。

西東京大会の概要について

西東京大会は、7月4日~7月26日で行われます。
参加校は130校です。

使用球場は下記の通りになります。

神宮球場・府中市民球場・昭島市民球場・多摩一本杉球場・町田市小野路球場・八王子市民球場・市営立川球場・上柚木公園球場

西東京大会では、上記の8つの球場が使用されます。

西東京大会のシード校

第1シード

日大三(初戦は14日10:00〜。多摩と片倉、練馬の勝者と対戦)

第2シード

佼成学園(初戦は15日10:00〜。東京都市大付と小平南、大成の勝者と対戦)

第3シード

東海大菅生(初戦は16日9:00〜。立川国際と東村山西、田無の勝者と対戦)

第4シード

早稲田実(初戦は15日9:00〜。電機大高と明法、東大和南の勝者と対戦)

第5シード

国士舘(初戦は16日10:00〜。国分寺と玉川学園、農大一の勝者と対戦)
創価(初戦は16日10:00〜。明大明治と府中、豊多摩の勝者と対戦)
聖パウロ学園(初戦は15日10:00〜。筑波大駒場と清瀬、学芸大付の勝者と対戦)
八王子(初戦は16日11:30〜。国立と帝京大高、羽村の勝者と対戦)
東大和(初戦は15日10:00〜。穎明館と松蔭、八王子桑志の勝者と対戦)
早大学院(初戦は16日12:30〜。町田工と聖徳学園、永山の勝者と対戦)

[ad#co-1]

西東京大会の優勝候補や注目校

当サイトが予想している優勝候補を左から順番に挙げます。

日大三東海大菅生早稲田実

まず、日大三は春季大会優勝の実績やチームとしての総合力も高く、優勝候補本命だと言えるでしょう。

東海大菅生は、チーム力が非常に高く、日大三に並び優勝候補に名前が挙がります。
早稲田実は選手の層もそうですが、伝統校として今年の夏も要注目です。

その他にも佼成学園法政大高八王子國學院久我山など、実力校が並びます。

その他、西東京大会の注目校については下記をご覧下さい。
夏の甲子園 西東京大会の日程と注目高校

2015年の西東京大会の大本命は日大三東海大菅生早稲田実だと予想します。
各メディアでも同じような予想でしたが、実力校が揃うので楽しみな戦いが続くでしょうね。

第97回全国高校野球選手権大会の概要と都道府県別注目校はこちら↓