【2015年】プロ野球 SM理論のセ・パ順位予想が面白い!

これまでは、プロ野球解説者による順位予想をお届けしてきましたが、今回はなんとSM理論という分析法に基づいた順位予想をご紹介します。

とうとう順位予想に統計学が持ち込まれましたか・・。(笑)

SM理論とは?

SM(セイバーメトリクス)理論とは、メジャーで生まれの統計学を用いた戦力分析法である。

優勝指数を導き出すわけですが、昨季の個人成績を数値化し、打者はOPS、投手はWHIPという数値を用いる。

OPSとは出塁率と長蛇率を足したもので勝利貢献度の高さを示します。
OPSの平均値は.800、強打者であれば、.900以上となる。

WHIPとは、被安打数と与四球数の合計を投球回数で割った数字であり、1イニングあたり何人の走者を出したかがわかる。
WHIPは良い投手ほど数値が低くなり、1.00未満だとエース級となる。

このSM理論は週刊大衆が特集しており、今回はSM理論がどれぐらいのデータを表すのかを紹介したいと思う。

SM理論によるセ・リーグの順位予想

1位:広島(昨季3位)
2位:阪神(昨季2位)
3位:巨人(昨季1位)
4位:DeNA(昨季5位)
5位:中日(昨季4位)
6位:ヤクルト(昨季6位)

数値化して優勝予想をするSM理論は非常に興味深い。

まず、1位は広島であり、優勝指数は97.5と非常に高い数値が出ている。
メジャー帰りの黒田投手とマエケンの二枚看板は強力な戦力である。

野手陣も菊池、丸、田中といった若手が力をつけており、本塁打王のエルドレッド、ロサリオも強力。

ただ、これはあくまでデータによるもので、エルドレッドはケガで離脱していますし、データ通りにはいかないはずではある。

2位は阪神で優勝指数は93.86だった。

やはり昨年タイトルを獲得した外国人選手が4名います。
呉昇桓、メッセンジャー、マートン、ゴメスは阪神の主力としてかなり強力だ。

3位は巨人で、優勝指数は93.81。
ただ、数値とは裏腹にケガの影響で離脱する選手や不振の選手も多い。
この辺りも個人的にはデータ通りにはいかないと考える。

3位以降はDeNA、中日、ヤクルトが続く。

DeNAはグリエルの穴は大きいが、ロペスが穴を埋めた。
ベテランの安定感もあり、浮上の可能性もなくはない。

投手陣に不安の残るヤクルト、補強はせず、選手の高齢化が目立つ中日は優勝指数は低い。下位は厳しい戦いが続くという。

[ad#co-1]

SM理論によるパ・リーグの順位予想

1位:ソフトバンク(昨季1位)
2位:オリックス(昨季2位)
3位:西武(昨季5位)
4位:日本ハム(昨季3位)
5位:ロッテ(昨季4位)
6位:楽天(昨季6位)

パリーグは、圧倒的にソフトバンクの優勝指数が高かった。
なんと97.9を叩き出した。
最も優勝に近いチームであり、投打の安定感やバランスは球界ナンバーワンとも言える。

2位のオリックスは優勝指数95.7。
とにかく大型補強が目立ち、昨年の実績を見ても非常に厚い戦力となった。

やはり球界ナンバーワン投手である金子の存在、首位打者の糸井選手の存在は大きい。

ただ、現時点の成績を見ると糸井の不振などが目立ち、あまりかみ合っていないように見えるが・・。

3位は優勝指数91.9の西武。
OPS.900を超えるメヒアと中村の存在が大きく、二人の大砲が暴れると順位がひっくり返る可能性も十分ある。

4位の日本ハムは、大谷のWHIP1.17と、OPS.842という高い数値に注目したい。
彼次第でAクラスもあるという。

下位はロッテと楽天。
やはり投手陣が安定していないのが明らかに分かる。

ロッテはエース不在、楽天も則本頼みだけだと厳しい。
下位は苦しい戦いとなりそうである。

まとめ

SM理論での順位予想を行いましたが、やはり昨年の実績だけで判断するのは難しいと考える。

キャンプでの成長、ケガでの離脱選手、不振にあえぐ選手など、様々な要因があり、プロ野球の順位は変動する。

最終的な着地は誰にも分からないが、データが優勝を予想できるか、それとも実績ある解説陣の予想が当たるのか。

今後もプロ野球の展開が楽しみである。