【2015年】プロ野球 大島康徳のセ・パ順位予想

これまでにたくさんの解説陣の予想を見ていきましたが、今回もOBによる順位予想を解説していきます。

当ブログでは、解説者の順位予想を書いていくだけではなく、それについて一言二言追記して筆者独自に予想を解説していくスタイルですのでよろしくお願い致します。

大島康徳のセ・パ順位予想

プロ野球OBとして有名である大島康徳氏だが、大島氏のブログで順位予想を行っている。

分析を交えた予想は見てて面白かったです^^

では、大島康徳氏による順位予想をご紹介していきますね。

セ・リーグの順位予想

1位:巨人(昨季1位)
2位:阪神(昨季2位)
3位:DeNA(昨季5位)
4位:広島(昨季3位)
5位:中日(昨季4位)
6位:ヤクルト(昨季6位)

[ad#co-1]

1位は巨人を予想。
やはり選手層は豪華で層が厚いのは間違いないという。

しかしながら個々のパワーがダウンしており、単に強いとは言えないらしい。
クローザーの澤村も未知数ですし、投手陣全体がどれだけ機能していくのかがポイント。
勝ち頭である菅野が安定して勝てないと投手陣全体も不安定になるという。

しかしながら、首位に予想したのは、やはり経験や実績があるからである。
苦しみながら1年間戦い、最終的に優勝へと持っていけるチームだと考えているという。

しかしいつまでも低迷が続くとBクラスの可能性も十分あるとも語っている。

2位の阪神は昨年の実績や選手層から、安定感のあるチームだと語っている。

そして意外にも3位がDeNAです。
ここ一番の詰めの甘さを乗り越え、勝ちきることができれば上位に入ってくるという。

広島は、黒田の加入で投手陣は厚くなったが、打線に不安を感じる。
やはりエルドレッドがいないことで打線がかなり痛手になっている。

5位の中日については辛口。

方向性がはっきり見えないと語っており、もしかすると最下位の可能性もあるらしい。

本人もOBとして悲しいらしいですが・・。(笑)

最下位にヤクルトと予想。
やはり若手の投手陣がどれだけ1年間機能するかがキーポイント。

未知数の部分が多いため、最下位にしたみたいです。

セ・リーグは以上です。

なるほど、やはりなんだかんだで巨人ですね。
選手の不振や離脱がなければ、実力のある強い戦えるチームなので、個人的にも頑張ってもらいたいですね。

それと、僕個人としても今年のDeNAは面白いと思いますね。

やはり4番筒香の存在も光りますし、戦力的にも整っていると思いますからね。

ではパ・リーグです。

パ・リーグの順位予想

1位:ソフトバンク(昨季1位)
2位:オリックス(昨季2位)
3位:ロッテ(昨季4位)
4位:日本ハム(昨季3位)
5位:西武(昨季5位)
6位:楽天(昨季6位)

首位はやはりソフトバンク。
12球団ナンバーワンと語り、「普通に考えて1位」と断言している。

2位はオリックス。
昨年のAクラス入りの慢心で心の隙がなければ普通に2位になるという。

そして3位以下はどの順位になっても不思議ではないと語っている。

エモやんと一緒のパターンですね。(笑)

その中でも3位ロッテは投打のバランスが良いと評価。

そして4位の日本ハムは似たようなチーム状態と見ている。

大谷という存在も大きいですが、新たな救世主が登場するのを期待しているという。

筆者「斎藤佑樹投手でしょうか・・。笑」

最下位は楽天。
超機動力野球というコンセプトは良いが、やはり主砲がいないのが影響する。
投打の流れが悪くなると、ズルズルと流れが悪くなるという。

最下位予想でしたが、今期は楽天は大久保監督がどうチームを動かすのかが楽しみですし、興味深いですね〜。

比較的王道な順位予想でしたが、なるほど!という部分も多かったと思います。

今後もプロ野球の展開が楽しみですね!