【2015】全国高校野球選手権秋田県大会の組み合わせトーナメントと日程

第97回全国高校野球選手権大会の地方予選大会の組み合わせトーナメントが決定しています。

今回は、全国高校野球選手権秋田県大会の組み合わせと日程・概要についてご紹介します。

秋田県大会の概要について

秋田県大会は、7月11日~7月22日で行われます。
参加校は50チームです。

使用球場は下記の通りです。

「八橋球場・能代球場・こまちスタジアム・グリーンスタジアムよこて」

秋田県大会では、4つの球場が使用されます。

秋田県大会のシード校

秋田南(初戦は14日10:00〜。新屋と大館工の勝者と対戦)
秋田(初戦は14日10:00〜。男鹿工と十和田の勝者と対戦)
秋田商(初戦は14日10:00〜。男鹿海洋と秋田西の勝者と対戦)
角館(初戦は14日10:00〜。由利と能代の勝者と対戦)
能代松陽(初戦は15日10:00〜。横手清陵と湯沢翔北の勝者と対戦)
大曲工(初戦は15日10:00〜。雄物川と西目の勝者と対戦)
秋田中央(初戦は15日10:00〜。金足農と大館鳳鳴の勝者と対戦)
秋田修英(初戦は15日10:00〜。秋田高専と大農太田の勝者と対戦)

[ad#co-1]

秋田県大会の優勝候補や注目校

当サイトが予想している優勝候補を左から順番に挙げます。

大曲工秋田南能代松陽

大曲工は選抜大会出場という経験、さらに能力の高い選手が揃っており1番に候補にさせて頂きました。

春季大会を制した秋田南は、打力が魅力のチームであり、自慢の打線に注目したいです。
能代松陽はバランスの取れたチームで、前評判の高いチームです。

それらを追うのは秋田商角館秋田といった実力校となるでしょう。

秋田県大会の注目校については下記をご覧下さい。
夏の甲子園 秋田県大会の日程と注目高校

秋田県大会では、メディアを見ても注目校や大本命と呼ぶにふさわしい高校は不在だと言われていますが大曲工秋田南能代松陽といった高校の評価が高いです。

第97回全国高校野球選手権大会の概要と都道府県別注目校はこちら↓