【夏の甲子園2016】南北海道大会の日程と優勝候補/注目高校など

今回は、南北海道高校野球夏季大会の日程と注目高校について紹介していきます。

やはり今年の注目校は北海道栄札幌第一あたりになるのでしょうか・・?

第98回高校野球選手権南北海道大会の日程について

組み合わせ抽選会:7月8日
第98回南北海道大会:7月16日~7月22日

大会使用球場:札幌円山球場など
昨夏参加校数:119校

過去の大会成績

第97回高校野球選手権大会(南北海道大会)

優勝:北海
準優勝:北照
ベスト4:小樽潮陵・東海大四
ベスト8:苫小牧東・函館大有斗・札幌大谷・駒大苫小牧・

2015年秋季北海道大会

優勝::札幌第一[南] 準優勝:北海道栄[南] ベスト4:駒大苫小牧[南]・札幌清田[南] ベスト8:札幌日大[南]・白樺学園[北]・北照[南]・函館工[南]

2016年春季北海道大会

優勝:札幌大谷[南] 準優勝:北海道栄[南] ベスト4:白樺学園[北]・東海大札幌[南] ベスト8:釧路江南[北]・札幌第一[南]・函館工[南]・駒大苫小牧[南]

【2016】南北海道大会の優勝候補/注目高校など

南北海道大会は4つの支部で構成されています。

札幌支部小樽支部函館支部室蘭支部の支部毎にブロック予選を勝ち抜いた16校が本戦の南北海道大会へ出場します。

札幌支部

日程:6月24日から7月4日まで

札幌支部での注目は、秋季大会で優勝し選抜大会出場の札幌第一です。投打に渡り好選手が揃っており、エース上出拓真投手を中心に優勝を狙います。

東海大札幌(旧名;東海大四)は高い打撃力を誇っており、特に打撃では兼村京佑選手に注目です。

春季北海道大会優勝の札幌大谷は、春からの勢いがあるだけに上位校を脅かす存在となるでしょう。

また、秋季大会ベスト4の札幌清田、総合力で強さを見せる北海札幌日大札幌光星など注目校が揃います。

札幌支部は8校が選ばれます。

小樽

北照は強肩強打が売りの岡島颯選手やセンスの光る斉藤上総選手などの好選手が揃っており、今年こそ優勝を狙います。その他にも支部予選決勝に進むも惜しくも北照に敗れた双葉小樽潮陵小樽水産などに注目が集まります。

小樽支部では2校が選ばれます。

函館支部

函館支部は、代表3校が選ばれます。注目の函館工は秋春の北海道大会ベスト8入りを果たすなど実力のある高校です。特に本庄投手はキレのある変化球が特徴で本大会でも注目選手の一人です。また、春支部代表の函館ラサール、秋の代表の函館大柏稜、函館商にも注目です。

函館支部では3校が選ばれます。

[ad#co-1]
室蘭支部

室蘭支部ではやはり駒大苫小牧北海道栄が優勝候補として挙がります。駒大苫小牧は多彩な変化球と制球力が持ち味の阿部陽登投手や身体能力の高い若林楽人選手などセンスの光る選手が揃います。北海道栄は秋春の大会での実績をひっさげて甲子園出場を目指します。

その他にも室蘭工苫小牧中央など実力の高い校名が挙げられます。

室蘭支部では3校が選ばれます。

まとめ

優勝候補として挙げられるのは、北海道栄札幌第一駒大苫小牧東海大札幌の4校でしょう。

北海道大会では、支部予選が絡む混戦状態となるので予想は難しいのが正直なところです。また、上記で挙げた各校の好選手にも注目しましょう。

Sponsored Link

フォローする