【夏の甲子園2016】岩手県大会の日程と優勝候補/注目高校など

今回は、夏の甲子園2016 岩手県大会の日程と優勝候補/注目高校をご紹介していきます。

やはり岩手では花巻東や一関学院、盛岡大付が中心となりそうです。

第98回岩手県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月24日
第98回岩手県大会:7月8日~7月21日

大会使用球場:岩手県営球場など
昨夏参加校数:70校

過去の大会成績

第97回高校野球選手権大会(岩手県大会)

優勝:花巻東
準優勝:一関学院
ベスト4:専大北上・盛岡北
ベスト8:花巻農・一関工・盛岡大付・久慈
ベスト8:水沢・久慈東・盛岡四・一関工

2015年秋季岩手県大会

優勝:盛岡大付
準優勝:釜石
ベスト4:花巻南・一関学院
ベスト8:宮古・花北青雲・福岡・専大北上

2016年春季岩手県大会

優勝:一関学院
準優勝:花巻東
ベスト4:一関工・盛岡大付
ベスト8:・千厩・高田・花巻南・釜石商工

[ad#co-1]

【2016】岩手県大会の優勝候補/注目高校

昨夏の代表である花巻東は総合力が高く、秋季大会では準優勝を勝ち取りました。甲子園を経験しているメンバーの存在も大きいでしょう。

一関学院は秋季県大会3位、春の大会では強豪花巻東を破り優勝を果たしました。注目はストレートとスライダーが武器の大竹樹希哉投手、大型遊撃手の小林亮介選手、野球センスが光る小椋元太選手など好選手が揃います。

盛岡大付は秋の大会で優勝しており、実力のある高校です。粘り強い攻撃陣をひっさげ、夏は甲子園を目指します。

その他には、秋準優勝の釜石、秋の大会で4位の花巻南一関工専大北上など注目校が揃います。

Sponsored Link

フォローする