【夏の甲子園2016】宮城県大会の日程と優勝候補/注目高校など

今回は、宮城県大会の日程と優勝候補や注目高校をご紹介していきます。

宮城県では、昨夏に甲子園を沸かせた仙台育英が優勝候補筆頭となるでしょう。やはり今年の宮城県大会も仙台育英中心になります。

第98回高校野球選手権宮城県大会の日程について

組み合わせ抽選会:6月23日
第98回宮城県大会:7月9日~7月28日

大会使用球場:コボスタ宮城など
昨夏参加校数:73校

過去の大会成績

第97回高校野球選手権大会(宮城県大会)

優勝:仙台育英
準優勝:古川工
ベスト4:東北学院榴ケ岡・石巻
ベスト8:泉・仙台三・岩ケ崎・仙台二

2015年秋季宮城県大会

優勝:仙台育英
準優勝:東北
ベスト4:東陵・古川工
ベスト8:仙台三・宮城農・利府・石巻

2016年春季宮城県大会

優勝:東陵
準優勝:東北
ベスト4:仙台育英・柴田
ベスト8:仙台商・富谷・仙台三・東北学院榴ケ岡

[ad#co-1]

【2016】宮城県大会の優勝候補/注目高校

宮城県大会の中心はやはり仙台育英です。甲子園常連校として秋季大会で優勝し東北地区大会出場を果たしました。春季大会では3位でしたが、夏へ向けて調整してくるでしょう。中心選手はキャプテン瀬戸泰地選手、194cmの長身から投げ下ろす鈴木俊介投手です。

東北は、秋春ともにサヨナラ負けという悔しい負けを喫し、あと一歩というところで優勝を逃すという残念な結果に終わりました。しかしながら東北地区大会で東陵を降し、勢いそのままに夏を迎え打ちます。

東陵は春季大会で強豪校の仙台育英・東北に勝ち、飛躍を遂げました。今夏も両校を脅かす存在となるでしょう。

また、投手力の古川工や総合力の高い宮城農仙台三柴田など注目校が揃います。

今年も甲子園常連校の仙台育英が夏を制するのでしょうか。それとも東北や東陵といった実力校が夏を制するのでしょうか。優勝候補3校の戦いに注目です。

Sponsored Link

フォローする