【夏の甲子園2016】石川県大会の日程と優勝候補/注目高校など

今回は、石川県大会の日程と優勝候補や注目高校を紹介します。

石川県大会では毎年注目される遊学館や星稜などの実績のある高校が優勝候補として挙げられます。

第98回石川県大会の日程について

組み合わせ抽選会:7月8日
第98回石川県大会:7月14日~7月26日

大会使用球場:石川県立野球場など
昨夏参加校数:50校

過去の大会成績

第97回高校野球選手権大会(石川県大会)

優勝:遊学館
準優勝:金沢
ベスト4:小松大谷・津幡
ベスト8:小松工・鵬学園・星稜・金沢学院東

2015年秋季石川県大会

優勝:野々市明倫
準優勝:小松
ベスト4:小松大谷・日本航空石川
ベスト8:津幡・金沢西・門前・金沢

2016年春季石川県大会

優勝:星稜
準優勝:金沢商
ベスト4:北陸学院・遊学館
ベスト8:石川県工・小松明峰・金沢・金沢西

[ad#co-1]

【2016】石川県大会の注目高校

夏の本命とも言える遊学館は、昨夏を経験しているメンバーが揃っており、投打ともに力のある選手が中心となります。春季大会で星稜に敗退したものの、石川県大会では優勝最有力でしょう。

春季大会で優勝し、粘りの野球を見せた星稜も遊学館に次いで優勝候補と言えるでしょう。戦力では自慢のストレートが光る清水力斗や三拍子揃っている虎谷貴哉などの主力選手が揃っており、自信を胸に甲子園を目指します。

秋春と安定した戦いを見せる金沢ですが、秋と春の大会では投手力の課題が見えてきました。夏への課題は投手陣ででしょう。

その他には、力のある投球が魅力の打田雷樹投手擁する日本航空石川や、秋季大会で優勝した野々市明倫、春季大会でベスト4まで勝ち進んだ北陸学院、春の大会で準優勝を飾った金沢商、直球が自慢の池下裕貴擁する鵬学園などに注目です。

Sponsored Link

フォローする